地元鹿児島人が海鮮料理を厳選!おすすめ4

鹿児島グルメ4選のサムネイルグルメ

鹿児島県のご当地グルメとして皆さんが思い浮かぶのは鹿児島黒牛や鹿児島黒豚などの畜産物かと思います。実際に鹿児島に観光に来た人々の多くは黒牛や黒豚を用いたご当地グルメを選んでいる方が多いでしょう。しかし鹿児島県は黒牛や黒豚以外にも、水産物が有名という事をご存じでしょうか。

特にカンパチの養殖量(水揚げ量)は全国シェアの50%以上を誇っており、ブリの養殖量(水揚げ量)も全国シェアの27%を誇っています。共に10年以上連続して日本一です。

そこで今回は観光客に特におすすめな、カンパチ、ブリ料理をメインに提供しているご当地グルメを4店舗ご紹介していきます。

スポンサーリンク

茶ブリが食べられる店「特攻チキン野郎」

特攻チキン野郎の刺身盛り写真

”茶ブリ”とは鹿児島県長島町で緑茶を食べて育ったブリであり、
特攻チキン野郎は当日に水揚げされた茶ブリを提供してくれるお店です。

お店に入るとまず驚かされるのが、店員さん達の活気に溢れた元気な声が飛び交っていることです。”明るく元気に”がお店のオーナーさんのモットーとしているらしいです。

おすすめ料理は何といっても自慢の茶ブリを含む刺身の盛り合わせ。豪快に盛り付けられた刺身は圧巻の一言です。もちろん見た目だけでなく、茶ブリ以外の魚も当日に水揚げされたものだけあって味も絶品。特攻チキン野郎に行って刺身の盛り合わせを頼まなかったら損と言えるほどでしょう。

もちろん魚以外の料理も多数あり、どれも文句の付けようがありません。
中でも茶ブリのカマ焼き、ブリ大根はかなりおすすめです。

とても満足出来るお店だけあって地元の人々や観光客で平日も賑わっていますので、事前に電話で確認、予約はした方が良いでしょう。

因みに店名のチキンは鳥ではなく臆病の方らしいです。

住所:鹿児島県鹿児島市中央町2-9 *鹿児島中央駅より徒歩1分です
電話番号:050-5347-2825
営業時間:18:00~0:00
     *ラストオーダーは料理が23:00、ドリンクが23:30となっています。
定休日:日曜日

焼きブリを食べるならここ「焼きぶり あぶり」

ブリの定番の食べ方といえば、刺身や煮つけなどが思い浮かぶ方も多いと思いますが、「焼きぶり あぶり」ではブリの新しい食べ方を体験することが出来ます。

お店の入り口を一歩跨げばそこにはブリの世界が広がっています。まず驚かされるのが豊富なメニューの数。なんとブリのメニューだけで70種類も提供しています。通常は世に出回らない希少部位まで食べる事が出来るのも魅力です。

初めての方やメニューが多すぎて迷ってしまう方も多いかもしれません。そんな時にはまず店名にもなっている焼きぶりから頂きましょう。三日間氷温で熟成し、うま味を最大限に引き出したブリを片面5秒ずつさっと炙ると口の中でとけるような旨さが味わえます。

その他にもブリを用いた刺身やタタキ、南蛮なども絶品です。
鹿児島に来たら「焼きぶり あぶり」で一度ブリを頭から内臓まで余すことなく堪能してみて下さい。

 

 

住所:鹿児島県鹿児島市荒田2-38-19*市電 騎射場電停より徒歩3分
電話番号:050-5861-6058
営業時間;18:00~0:30 *ラストオーダーは料理23:30、ドリンク0:00
定休日:不定休

全国丼グランプリ金賞の店「みなと食堂」

大隅半島に位置する港沿いに店を構える漁協直営の食堂です。
過去にはテレビや雑誌などで取り上げられることも多く、県外からの観光客も多く訪れる大人気の食堂となっています。

こちらでは鹿児島県のブランド魚に認定されている、”かのやカンパチ”をふんだんに使用した料理が味わえます。かのやカンパチは鹿屋市の市花であるバラの花びらの粉末を餌に混ぜて与えていることが特徴であり、ヘルシー且つ魚特有の臭みが抑えられているのが特徴です。

みなと食堂の一番のおすすめはかのやカンパチを存分に盛り付けてあるカンパチ漬け丼。全国丼グランプリ海鮮丼部門で2年連続金賞を受賞している逸品です。

金賞が証明している通り、味は絶品。味わい深い濃厚な脂のうま味が口いっぱいに広がりながらも、しつこさは全く無くさっぱり頂けるのも特徴です。

また近海で採れた甘エビをこれでもかとふんだんに使用したかき揚げもサクサクで絶品。1個150円という値段も魅力的です。

隣にはみなと市場が隣接しており加工品などをおみやげにするのも良いと思います。

鹿児島市からは少し遠い場所にはありますが、足を運んで損はありません。
直営店ならではの低価格、ボリュームをぜひ1度ご堪能あれ。

住所:鹿児島県鹿屋市古江町7440-3
電話番号:0994-46-3020
営業時間:11:00~14:00
定休日:月曜日

海の桜勘を食すなら「味処 海の桜勘」

カンパチ養殖が盛んな鹿児島県の中でも垂水漁協は単一漁協としての生産量が日本一を誇ります。そんな垂水漁協で養殖されているブランド魚が「海の桜勘」

そのブランド名をそのまま店名にしているのが2018年に店名、メニューを一新しリニューアルしたお店が味処 海の桜勘です。

定番の漬け丼はもちろん美味しいのですが、今回Yokkagoが個人的におすすめするのが西郷どん定食です。3種類の桜勘の刺身(腹身、背身、炙り)が盛り付けられた定食は、準備されている3種類のタレをお好みでつけて頂きます。かんぱち特有のコリコリした食感からは、直営店ならではの鮮度感が伝わってきます。西郷どん定食にはあら煮もついており、鹿児島らしく甘めに仕上げられており、とても柔らかく骨まで食べれてしまいます。カンパチを余すことなく味わえる大満足な定食です。

他にも密かに人気急上昇中となっているのが、かんぱちのソースかつ丼。サックサクに揚げた肉厚なカンパチフライを特製ソースに絡めて食べます。ジューシーなフライとソースがここまで合うとはYokkagoも正直驚きました!

毎年GWには海潟漁港内では、垂水カンパチ祭りも開催されていますのでタイミングが合えばそちらも足を運んでみてはいかかでしょうか。

 

住所:鹿児島県垂水市海潟643-6垂水市漁協共同組合2階
電話番号;0994-32-0321
営業時間;11:30~14:00
定休日;火曜日

今回は鹿児島グルメの中でもブリとカンパチにスポットを当ててご紹介しました。一概にブリ、カンパチといってもたくさんのブランドがあり、それらを美味しく頂ける様々な食べ方があります。そんな中でも今回ご紹介した鹿児島グルメはどこも十分に満足できると確信していますので、鹿児島に観光や仕事でお越しの際はぜひ一度足を運んでみて下さい。今後も地元人ならではの目線で鹿児島グルメを紹介していきたいと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました