地元鹿児島人が芋焼酎のおすすめを5つ紹介!

芋召集のおすすめを地元鹿児島人が選んでみるのサムネイルグルメ
芋焼酎のおすすめを地元鹿児島人が選んでみる5選

鹿児島が誇る芋焼酎。サツマイモの生産量は全国の約4割を占めており、本格芋焼酎の消費量も全国一位です。焼酎は多くの鹿児島県民にとって、仕事終わりの楽しみとして欠かせない存在です。

そんな鹿児島の芋焼酎、種類は数えきれないほどあります。県外から遊びに来た際、いったいどの焼酎が美味しいのかわからないという方もいるでしょう。今回は芋焼酎の中でも、ぜひ他県の方々に飲んで頂きたい、「鹿児島県民がおすすめする芋焼酎」を5つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

三岳

三岳は地元鹿児島の中でも人気な焼酎ではありますが、比較的値段もお手頃で手に入りやすく、鹿児島の居酒屋では必ずと言って良いほど常備されています。

屋久杉が世界遺産にもなっている屋久島で作られており、日本名水百選にも選ばれている水を使用していることも特徴です。

上品な芋の香りで、スッキリ飲みやすいことから、筆者の周りでは特に女性が好んで飲んでいる印象がある焼酎です。芋臭さが苦手という方にもおすすめできる、鹿児島では万人に好まれている芋焼酎です。

魔王

まず県外の方はこのインパクトのある名前に驚くのではないでしょうか。その名前の由来は、焼酎を熟成させる際に蒸発によって失われる天使の取り分に関わる天使を誘惑し、魔界へその酒をもたらす悪魔にちなんで命名されています。

その味は名前のインパクトからは想像できないような、控えめな芋の甘味や香りがします。癖がなく、焼酎を飲みなれていない方でも美味しくスッキリ飲むことができます。

魔王の人気は全国で偽物が出回るほどです。毎年11月に開催される鹿児島の定番イベントである「焼酎ストリート」では、魔王の場所にはあっという間に大行列ができ、一瞬で売り切れになってしまうほど人気な芋焼酎です。

鹿児島のちょっと良い居酒屋では大抵おいてありますが、やはり値段は他の焼酎とは違います。一瞬ためらってしまうかもしれませんが、現在その魅力によって需要が拡大し、需要が供給に追い付かず、希少価値は徐々に向上しています。鹿児島の居酒屋で見つけた際には、ぜひ記念に最高の一杯を。

森伊蔵

View this post on Instagram

流石に美味しい(^^) #芋焼酎#森伊蔵

A post shared by Arata (@arata_jimmy) on

焼酎好きであれば、県外の方でも一度はこの名前を聞いたことがあると思います。手間暇かかる「かめ壺仕込み」を創業当初から守り続け、人気に火が付き注文が殺到しても生産量は拡大させず、品質を守り抜く道を選択し、結果として伝説の焼酎と呼ばれるようになりました。

鹿児島に住んでいても、なかなか飲む機会に恵まれません。もし鹿児島に遊びに来て居酒屋などで出会ったなら、それは何かの縁かもしれません。入手困難さでは鹿児島の焼酎で№1ともいわれているため、一杯で値段はかなり張りますが、飲む価値はあります。

その味はまろやかでとても上品。甘味と辛さのバランスが良い焼酎です。後味が長く、広がりのある美味しさです。上記で述べた魔王と同じく、「焼酎ストリート」では一瞬にして売り切れになってしまい、飲むことがとても難しいです。鹿児島に遊びに来たら、ぜひこの伝説の焼酎を探してみてください。

伊佐美

伊佐美は元祖プレミア焼酎と呼ばれており、比較的購入しやすい価格でもあります。鹿児島の北海道とも呼ばれるほど冷涼な気候の「伊佐市」に蔵を構える、明治32年創業の酒蔵です。昔から地元で愛されており、一時入手困難となった時期もありました。

現在は居酒屋などでも見られるようになり、幅広い世代に飲まれている焼酎でしょう。

芋焼酎の中でも特に濃厚な芋の味わいですが、癖も強くなく、数多くの熱狂的なファンを抱えています。昔ながらの素朴な味わいが人気の秘訣です。焼酎になじみがない方には少し芋の香りがきつく感じてしまうかもしれませんが、鹿児島にきたらぜひ飲んで頂きたいです。

村尾

みなさん、3M(スリーエム)とはご存じでしょうか。鹿児島が誇る3つのプレミア焼酎は、名前の頭文字を取って3Mと呼ばれています。上記で述べた「魔王」「森伊蔵」も3Mの一つで、残る一つがこの「村尾」です。

西郷隆盛ゆかりの酒蔵が造る、「西郷隆盛が愛した焼酎」です。芋ならではの香ばしさと、まろやかな味わいこそが、村尾が愛されている理由の一つです。飲みやすいタイプの焼酎ですが、口に含んだ瞬間にしっかりと芋の味を感じることができます。この強烈な芋の風味が、多くのファンの心をつかんでいるのでしょう。

いかがでしたでしょうか。鹿児島には多くの魅力的な芋焼酎がありますが、筆者が特におすすめするものはこの5つでした。なかなか高価なものもありますが、せっかく鹿児島にきたのなら探してでも飲んでほしいですね。芋焼酎が苦手という方も、きっとお気に入りが見つかると思います。最高のお酒で、鹿児島の夜を楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました