釜蓋神社ならおすすめの観光スポットも一緒に巡ってみよう!

番所鼻公園。釜蓋神社体験

今回は以前テレビでも紹介されたことがありました頴娃(えい)町にある番所鼻公園と釜蓋神社に行ってきました。南薩縦貫道道路が2017年に全線開通したので鹿児島市から車で走って1時間弱で頴娃町まで行けました。

スポンサーリンク

番所鼻公園はこんなところ!

いざ釜蓋神社へ!の前にお腹が空いたので近くのAコープでお弁当を買って…神社で食べることは出来ないなと思って近くの番所鼻公園というところに寄ってみました。

オーシャンビューになった公園では子供が遊ぶスポットも!

公園入ってすぐにオーシャンビューになります。

番所鼻公園

岩場がドーナツ状に広がっていて歩いて探索することが出来て水溜まりには魚やカニなど生き物がいて子供が遊ぶスポットにもなってます。潮の満干でドーナツ状の水溜まりに魚が入るみたいです。

天気も良くて海も凄く綺麗で思わず写真を撮りました。指宿の開聞岳もばっちり写ってますね。岩場の散歩をした後になんか気になる看板を見つけました。

可愛いやつらがお出迎え!タツノオトシゴハウス

【タツノオトシゴハウス→→こっち】

タツノオトシゴハウス??

行ってみると味のある古民家を発見!入り口は2階の様です。

登ると水槽が沢山ありそこにタツノオトシゴが!

タツノオトシゴハウス

か……可愛い!!!!!

しっぽを糸に巻きつけて休むらしくて何匹も糸にしっぽを巻きつけているところがなんとも言えない可愛さでした。

タツノオトシゴを人生で一番観察しました(笑)

実はここ

サザエさんのオープニングでも紹介されていたようでした。

タツノオトシゴハウスの運営は夫婦で頑張っているようで管理人の方がとってもいい人でタツノオトシゴのことを教えていただきました。

アイスやコーヒーも販売しており、ちょっとしたカフェにもなっているのでゆっくりさせていただきました。

釜蓋神社はこんなところ!

当初の目的からだいぶ外れましたが夕方にやっと釜蓋神社に着きました。正式名称は射楯兵主神社(いたてつわもののぬし)というようです。言いづらい…

釜蓋神社

釜蓋神社という名の由来は?

正式名称があるのになぜ釜蓋神社という名前なのかというと写真を見て気づいたと思いますが

釜の蓋が境内にあります(笑)それも沢山…

開聞地方には【天智天皇】とその妃【大宮姫】がおられたという伝説があり、あるとき二人が天皇につかえていた臣下の住まいがある頴娃の御領を訪ねることになり,屋敷は大変な騒ぎとなりました。火の神とカマドの神を歓請し,何十石という米を炊き始めました。

ところが,すさまじい風が吹き出したかと想うと,釜の蓋を空高く持ち上げどんどん飛ばされて,遠く離れた大川の浦に落ちました。

土地の人々はこの釜蓋を拾い上げて神様として祀ることにし,名付けて釜蓋どん,釜蓋神と呼ぶようになったようです。

釜蓋神社2

釜蓋を頭に乗せて鳥居へ向かおう!

釜蓋を頭に乗せて手を使わずに鳥居から賽銭箱までお参りする願掛けする変わった参拝方法で有名になりました。勝負事に勝てると言われている神社なので筆者ももちろん挑戦しましたよ。

無事に釜蓋を落とさずに参拝することが出来ましたので願いは叶うことでしょう。

View this post on Instagram

#釜蓋神社

A post shared by 奥山哲平 (@teppe_15) on

番所鼻公園も釜蓋神社も凄く自然がいっぱいで良いところでした。

ちなみに番所鼻公園はいせえび荘という宿泊、食事ができるところもありますので気になった方は行ってみてください。

体験
スポンサーリンク
フォローする
地元で作る鹿児島観光サイト Yokkago!!(よっかご)
タイトルとURLをコピーしました